主な活動内容

主な活動内容

CYBERDYNE株式会社とのロボットスーツに関する共同研究

MieLIP鈴鹿の活動として平成24(2012)年度より「CYBERDYNE株式会社(https://www.cyberdyne.jp)」と提携し「鈴鹿ロボケアセンター」を本学白子キャンパス内に開設しました。装着型サイボーグHAL?を使用した施設を地域の皆様に提供するとともに、装着型サイボーグHAL?の特性をより活かせる介護?機能改善プログラムなどの開発を行っています。 なお、足球比分直播_皇冠比分网-体育*在线3(2021)年度より場所が千代崎キャンパスに移動になりました。 地域の皆様により親しんで頂けるよう活動してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いします。

地域企業と連携しての商品開発

地域の企業と鈴鹿医療科学大学との共同研究によって、新しい商品が生み出されています。

本学薬学部と鈴鹿はなびらたけ工房、万協製薬株式会社(https://www.bankyo.com/)との 産学共同により、鈴鹿産ハナビラタケを用いたスキンケアクリーム「クロシェットフルール(鈴の華)」を開発し販売しています。 定価は3,000円(税抜き)。

SUZUKA産学官交流会

SUZUKA産学官交流会(http://www.scci.or.jp/sangaku/)は、鈴鹿市内の企業と教育研究機関が交流してフォーラムや研修会を行い、 鈴鹿市内から新たな製品?技術?マーケティング等を創出することを目的として活動しています。

本学で開催された産学官合同フォーラムでは、講演会やロボットスーツHALの見学会を開催いたしました。