研究情報の公開について(オプトアウト)

研究情報の公開について(オプトアウト)

臨床研究を実施する際には、文書や口頭で説明のうえ対象となる方から直接同意(インフォームド?コンセント)を得て実施します。臨床研究のうち、被験者への侵襲や介入がなく、診療情報などの情報のみを用いた研究については、国が定めた倫理指針に基づき、対象となる方から直接同意を得る必要はありませんが、研究の目的を含めて研究の実施内容に関する情報を公開し、対象者(代諾者を含む)が拒否できる機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」といいます。現在、本学で実施されているオプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。ご自身の情報等を研究に使用されることを望まない場合は、各研究課題の担当者までお知らせ下さい。

本学で倫理審査を行い、承認された研究等の一覧

研究責任者 研究課題名
石嶋 康史 薬学教育における新たな教育手法の導入とその効果に関する研究
武藤 裕衣 医療系大学に対する親和的態度の形成と学業成績の向上